So-net無料ブログ作成

ソフトバンクがブックメーカーに投資金額500億これは何を意味するのか?

まずはこちらをご覧ください。

地方競馬販売システムを持つD-netを買収後、ポータルサイトで動画配信を始めたり、オッズパークを立ち上げるなど、ネット馬券販売に積極的なソフトバンク。今月、ソフトバンクはイギリスのブックメーカーの株式を取得、約500億円を出資することが明らかになった。出資先はネット経由で賭博を仲介するネットブックメーカー大手のベットフェア社。同社を傘下に持つスポーティング・エクスチェンジ社(TSEL)と合意した。ソフトバンクの狙いはどこにあるのだろうか。

ベットフェアはヤフーヨーロッパ(Yahoo Europe)と提携しており、ヤフージャパンの親会社のソフトバンクともタイアップして、極東地域で共同で新事業の立ち上げについて協議を重ねてきたという。ベットフェアのティム・バンティング会長は、「ソフトバンクは、数多くの関連業界で優れた実績を有しているので、ベットフェアが目指している事業拡大計画にとって理想的な戦略パートナーだ」と述べている。ソフトバンクとしては他社に先んじて、ネットギャンブルのノウハウを得て事業を始めたい意向とみられる。

競馬やサッカーのみならず、大統領選から戦争まで何でも賭けの対象にしてしまうブックメーカー。イギリスでは馬券の売り上げの95%を独占しており、主催者は映像・情報料をブックメーカーから徴収する経営に寄っているほどだ。香港では非合法のブックメーカーの売り上げが、合法的なジョッキーズクラブのものに匹敵する年間1兆2千億円にもなっている。各社によってオッズが異なるため倍率の高いところを選べたり、クレジットカードで決済できるなどが人気の理由だ。

もちろん、日本ではブックメーカーは違法だが、海外にサーバーを置くネットノミ屋の利用者は2万人に達し、 100億円以上が業者に流れていると言われている。 JRAは違法なネットノミ屋で馬券を買わないよう呼びかけているが、どこまで実効性があるのかは明らかではない。競馬はギャンブルのなかでも多額のコストがかかるもので、主催者へ売り上げ利益の還流が細れば、競馬産業そのものが成り立たなくなる。もし、ブックメーカーが日本に進出すれば、JRAすら危うくなるだろう。

一方、日本でもカジノ解禁の待望論は根強く、実質的な合法賭博となっているパチンコを引き合いに出して、民間ギャンブル合法化が部分的にせよ開放されれば、ブックメーカーはネットギャンブルの主導権を握るはずだ。ソフトバンクはベットフェアの日本人口座を凍結したとの噂もあり、当面は合法化を求めることはないだろう。だが、オッズパークなど一連の動きはビッグビジネス構想の一部に描かれたものかもしれない。極東地域でどのような事業を展開するのか、注視する必要がありそうだ。

購入者の感想『 BookMakerPro2012 』ブックメーカー・プロ2012

いつも先を見越すソフトバンク。
ギャンブル関係に6年も前から投資しているということは、一体何を意味するのだろうか?
その時代から今後日本がギャンブル解禁になることを見通していたのだろうか?

そうなれば、佐野唯我が言っている内容も理解できるし、現実見がでてくるのだろう。

最近ではバイナリーオプションの自動売買も話題になっているし、以前からあるFXの自動売買も話題このソフトなら間違いなく実績を挙げられる

ただ、FXは税金面で不利に働く部分が多いので、今後はバイナリーオプションを攻略することが、資産形成の近道とされるだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。